スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギター卒業ライブのついて思うこと。

やっぱり、みんな書いているから書くべきなのかなぁ…と思って、日記を書き始めています。
先日のギター二人が卒業したライブのこと。
(多分、バンドのメンバーしか読んでも得しない内容になっています 笑)


今朝起きるときに、「あ、もう練習に行っても会わないんだ、」と不意に思って目覚めました。
それでも、まだ実感が足りない。

音楽をやるようになって(やるようになる、なんて書き方、ぺーぺーの私には合わないのだけど許して…)、いろんな人と出会って、一緒にやって別れて…としてきました。
友達のような関係だったり、先生のような関係だったり、兄弟のような関係だったり。なんでもなかったり。
今まで聞いてきた曲も時代も畑も違う、他人が同じグループになって何かをしようなんて、簡単なようで難しくて、、その事は良く知っています。
だからこそ、理想を言えばバンドは気が合う以上に、いやみな意味ではなくて「いい人」が集まるのが一番だと思っているのです。
特に、趣味のバンドなんだから。

今回のバンドは、そういう選び方をしてきたわけではないのだけど、知らない間に集まってたのが「いい人」でした。
そして、それ以上に、なんていうか、足りないパズルが見つかったような、不思議なフィット感。

このメンバーが集まる前、私とカトーさんとマコトさんの三人で、ドラムもキーボードも見つからず、途方にくれていた約一年間がありました。
誰でも良いというわけでもなく、向こうからも望まれないといけないし。
そんな一年をすごして…その後も、何人か入っては練習場所の問題やらその他もろもろで、落ち着かなかった時代があったからこそ、このフィット感というのは、特別な思いがありました。
何も妥協していなかったから。(みんなが演奏するのに向上するのを前提にね・笑)

確かに、杏ちゃんとさだっちが来たときは、すごく空気が馴染んで、昔からこの輪の中にいたようなそんな感じがあったのを覚えている。
一度合わせて、こちらからも、あちらからでも、ごめんなさいした人には無かった感覚。
先日さだっちも、マコトさんに「初めてあった気がしなかった」といっていたのが、うなづけた。
なるちゃんは、初めての日のことよりも一度仕事が忙しくなって抜けて、それから二回目に入ってきたときのことの事のほうが覚えていて、一番最初の時のことを覚えていないんだよね(汗)ごめん…

このメンバーがそろって、パチ!パチ!というパズルのフィット感ではなく、しっとりとしたフィット感は最初からあったものの、MCでも言ったように家族のように思うまでには、皆で過ごした時間が不可欠でした。

大阪のアメリカ村から始まって、神戸でも、長野、白馬、新宿と、、コピーバンドでは珍しく色んなところでさせてもらいました。
ほとんどの移動も一緒。これは、さだっちが運転してくれたからということが大きかったね。
みんなでやんややんやいいながらの移動はとっても楽しかった。
美味しいものを食べたり、写真を撮ったり、温泉に一緒に入ったり、お土産買ったり、お泊りしたり。
白馬での長時間(約三時間…)のライブも私達を強くしたし、オリジナルのバンドを各地でやっている人たちだって、なかなか経験できないような、聞く耳をもったお客さんの前でやらせてもらった気がする。
98%外国人という中での演奏も面白かった。
何物にも代えられない経験をこのバンドで、みんなでしてきたんだなぁって。

今のメンバーは、なにより、歌物をするという揺ぎ無い前提が芯でしっかりしていて、、なかなか、それってプロを目指しているバンドでも実際は出来ていない事があると思う。(たいていのボーカルは不満を何かしら持っていると思う・笑)
楽器は楽器で表現したいことがあってやっているわけで、前に出てやりたいという思うのも当たり前。
歌物は、歌を引き立てる演奏をしてベスト。でも、それって、、難しいのです。
プロでやっている人だって、歌物の演奏じゃないなって人もいる。演奏が上手い=歌物伴奏が出来るではないのです。(井上さんは最高♪超歌いやすい!)
演奏だけじゃなくて音作りにしても、歌を聴いてしてくれているんだろうなぁと思うし。
うちのバンドは歌が歌物の演奏で歌える、そんな、なかなか無い稀なバンドでもあるのです。
引き立たせられる器がある人たちがいるからこその、ボーカルなのです。
とどのつまり、みんなが、私より大人なんだよね(笑)

前にも書いたように、うちのバンドは、飲み会のためのバンド…とかでもなく、本気の部活動なのです。
皆それぞれが忙しいから、集まる時間も限られているから、集まれるなら早朝料金を払ってでも朝一で集まって二時間か四時間練習しては、それぞれの用事に向かう…みたいな、端から見たら、趣味なのかどうかわからない妙なストイックさがありました(笑)
それぞれに、バンドの事を愛していると思うし、ここがホームなんだという感覚があったと思う。ここから出て行って、ここに帰ってくるっていう。
それが安心感でもあった。

だからこそ、永遠だと思っていました。
いや、どこかでいつかは、変わっていくんだって解っていながら、永遠に続くものなんだと信じていたのです。
ゆる~くでもいいから、続けば良いって。
でも、終わる日が来てしまった。というか、最後のライブは終わってしまった。

本当のことを書いてしまうと、本番前も本番中もずっと、頭がふわふわして、ずっしりと実感していなかった。これで終わりだって。
歌いながらも、本当?本当に?と思っていた。
そして、まだ私は消化できていなくて、今まで続いていた、永遠だと思っていたことが、まだ続いていると思っていて、始末が悪い。頭が悪い。
今までの当たり前が当たり前じゃなくなったという事を知るのは、きっと、次の練習の時なのかもしれません。

バンドクラッシャーの異名をとっていた(?)私のなので、毎回、こんなにセンチメンタル(というか、今はまだ妙な感覚だけど)になっているわけではないのですが、、ギターが二人抜けるという話を聞いた後、転勤と成長してくるため?(笑)という仲が悪くなったからの卒業ではないにしても、蕁麻疹が出たほどです(汗)
揃っていた色鉛筆がかけてしまって、他の色では代用が出来ないから、絵がかけない。そんな感じです。
学生の頃に友達にトラブルがあって、今までのつるんでいた面子でつるめなくなってしまった時もも同じように色鉛筆が無くなったって思った。その時と一緒。

後で、へこんでいる私を察してある方が「関係は永遠ですよ♪音楽活動は一緒に出来なくてもずっと仲間です(^-^) ずっとずっと素敵な関係を、そしてまた一緒にできる日が来ることをお祈りしてます!」と言われ、頭では納得しました。そして、少しホッとしました。
でも、頭から心に落ちる時は今ではないようです。
これから来る、何気ない瞬間に心に落ちるのでしょう。
その関係は自分が作っていくものだと理解しているのに、何も保障が無いから不安なのです。

何もかっこつけなくてもいい。
だから自然体でいることの出来る、そんな居心地の良いバンドでした。
本当に家族のようだった。
テレビ見ながら寝転んでお尻だって掻けるよ。(掻かないけど)



ライブのこと、全く書いていないな(汗)

当日は、みんなで浴衣で。って、かなり前から決まっていて?というか、話していて、それが実現。
女子は浴衣の色がかぶらないように、かるーく打ち合わせはしたけど、男子は打ち合わせしていなかったのに、不思議に三人ともが違う色の浴衣で、なんて息がぴったり!って(笑)
女子浴衣は、私が着付けをして、、三人とも帯の結びが違うようになるように、ちょっと勉強していきました。
なるちゃんは帯締めで、粋な感じ。杏ちゃんの浴衣は私の浴衣で、ピンクだからふわっとした感じで。私は残りの角出しで。
男子チームは渋染めっぽい色のカトーさんに、紺色のラメの線入りのさだっち。紺色の白抜きの型染めのマコトさん。カトーさんとさだっちはタスキをしていて、不思議に、タスキをした瞬間男前度が上がります(笑)マコトさんは着物用のピンチで腕まくり。
カトーさんは板前さんみたいで、さだっちは美味しいそばを打ちそうで、マコトさんは美味しい讃岐うどんを出しそうでした(笑)

打ち上げも、あんまり時間が無くて、私は一時間ほどしかいられなかった。
もっとわいわいしたかったなー。
でも、またみんなで会おう。
みんな大好き。
変わってゆく私を笑ってもいいよ。

RIMG9604.jpg

さだっち カトーさん 杏ちゃん
マコりん みっひ なるちゃん


最後に、赤裸々に色々書いたから、もういいや。
ここまで読む人も少ないからついでです(笑)
先日したアプリの心理テストの結果。
バンドのメンバーのところが納得過ぎる。

『後藤冬樹』さんは・・

あなたが愛してしまう人
 
 
『島さん』さんは・・

好きだけど恋叶わぬ相手
 
 
『さだっち・マコトさん』さんは・・

あなたがとても大切に思う人
 
 
『カトーさん』さんは・・

あなたのよき理解者
 
 
『いかてん』さんは

あなたに幸運をもたらしてくれる人

いろんな意味で噴出しましたとさ(笑)
二番目は「お兄ちゃん」の間違いですね。完璧。ペキカンです。
いかてんは、早く、スロットで勝ったお金で焼肉を奢ってください。
後藤さんは、小学生レベルの面白い話をもっとお願いします(笑)
カトーさん、もっと理解してください。私はカトーさんが鯉を着るのを望んでいます。
さだっち、まこりん、大切なので近況報告をするように!
スポンサーサイト

theme : 女性アーティスト
genre : 音楽

日曜日にあったライブのこと、ちゃんと書きました。

2a1f.jpg

バンドのライブの事、ちゃんと書かないといけないかなーっと思って。

今回は三声のコーラス有り、アコギあり。
バンドとして、世界も広がったライブだったと思います。
うちの楽器隊、やれば出来る子の集まりなんですよ?かなり出来るんです、緊張してても(笑)
ボーカルはけっこう精神的隠れへたれですが、なにか?


私の手柄でもなんでもないのだけど、、メンバーのおかげでライブは大盛況でした。
本当に、メンバーにも、足を運んでくださったお客さん達にも感謝です。
このライブハウスはちょっと他と違って、幕をひくのです。
まぁ、私達は二番目の出番予定だったのだけど、急遽一番目のバンドがなくなったので、
私達が一番目の出演になり、スタートは幕があるかないかは関係が無いのだけど、
楽器のチェックに先にステージ上がったメンバーより私は後でステージに上がったので、、
しかも、客席のほうを見ないでスタートの合図まで私は客席を見なかったので、
もうひとつ言うと、私は開場してから、メンバーはフロアのほうへ出ていたのだけど、寒くて仕方が無かったので、バックヤードのほうがまだマシだったのでそっちですごしていたのです。
なので、客席のほうを向いたとき、お客さんが前のほうにギッチリだったの、予想外すぎてそれを理解するのにちょっと時間がかかりました(汗)

咳がね~
ちょっといつもの、風邪じゃないけど咳が出るアレ。発作と言って間違えじゃないらしい「慢性はく離性好酸球性気管支炎」(http://cgi4.nhk.or.jp/gatten/archive/program.cgi?p_id=P20101020)と名前が付いているらしい、この咳ね、これがまた出ていて、心配していたのだけど、結局病院へ行かず終いでライブに望んでしまって。
というのも、吸引をすると歌に影響がある様に思うから。
それだったら、なんとか歌えている今をどうにか維持してライブをしてから次のライブまでに治そうって。
という爆弾を抱えてのライブだったんだけど、なんとか、、一曲だけ咳を飲み込んで詰まってしまったけど…でも、なんとかのライブでした。
本当はそれじゃだめなんだけど。

ライブはあっという間。
ホールの音のほうが中音よりも大きくて、自分の返しの音がまったく聞こえなくて、ホールのぼやーんとした音を聞きながらのライブだったので、時々他の楽器に消されたりして、、その音を探るのに冷静な自分がいて。あせっている自分もいて。
コーラスは特に聞こえなくて、不協和音になっていたらどうしようと思っても、自分が歌うべきところを歌うしかないし。えいって。
もっと、もうライブが出来ないと思うくらいに、死ぬ気で歌えって思うのに、そうも出来ない中途半端な私がいて、、いつもの事だけど。
反省ばかりなのです。
ライブは勉強。

なのに、ライブ後、幕を引いたホールから「すごい」って言葉があったらしくて、泣いていた人もいたという情報とかきを耳にするとホント、なんとか救われて、自分をつなぎとめることが出来ます。
でも、もっとと思うことが傲慢なのかもしれないですね、
本当なら、もっとすごいんだぜ、みたいな。
それでも、もっとを思ってしまう。

もっと伝えたかったんです、本当に。

えっと、他に聞いた感想は「カトーさんとさだっちがかっこ良かった」です(笑)名誉のため言っておきますが、まこちゃんのお客さんからですので、あしからず。
本人達は、うっはうは喜んでいました(笑)
見に来てくださった方、ここにたどり着いたら、他の感想もよろしくです(笑)
ちなみに、メンバーからは前のほうに並んでいたお客さんが若い女の子だったから「テンションが上がった」と「余計に緊張した」の意見がありました。
さー、どっちが誰のコメントでしょーか(笑)

ライブが終わった後、メンバーでかるーい打ち上げに…のつもりが、お客さんが思いのほか入ってくださったおかげでガッツリ打ち上げをさせていただきました。
本当にありがとうございます。
その席で、私がちょっとした報告をメンバーにして、その後、超びっくり報告をドラムのなるちゃんがして。
やんややんや、とっても楽しい打ち上げになりました。


さー、次は脇の下スパンスパン鳴らして、激いいライブしてやったぜ!!って言えるライブが出来るように、精進したいと思います。
ライブは伝えるもの!聞かせるもの!見せるもの!
がんばろう!
来て下さったかたがた、ありがとうございました♪

theme : 女性アーティスト
genre : 音楽

昨日のライブ。

昨晩のライブに、たくさんの方に足を運んでいただき、本当にありがとうございました。
本当に前を向いたとき、お客さんが前にぎっちりだったので、ビビリました(笑)
色々差し入れもいただき、感謝感謝です♪
メンバーで分けておいしくいただきました~

昨日は私たちを含め、三組の出演でしたが、
どのバンドも個性が強くて(笑)楽しんでいただけたのではないでしょうか?
私たちも最後までライブを楽しんで帰りました。

次回、このバンドのライブは春を目処に新しい曲を仕込みますので、待っていてくださいね!

また私のソロライブはこちらです。
■11月21日(日)
12月16日(木) 6:30頃~
ANSONIA CAFE (ジ・アンソニア・カフェ)
http://www.ansonia-cafe.com/
伏見稲荷の近くです。
こちらは初めての場所でどきどき♪
2セットする予定です。
ノーチャージなのでお気軽にコーヒーだけでも、ちょっとお酒を飲みにでも遊びに来てくださいね♪

今までのライブの様子はmixiのフォトで見ることが出来ます♪

theme : 女性アーティスト
genre : 音楽

ライブしてきました~

DSCF6401.jpg


噂のライブでした。
イケメンばかりのライブだと、私が勝手に言いふらしていたライブです(笑)
そして、私が弾き語りをするライブです…

ライブは、とってもアットホーム。
皆さんは知り合いの方々で、職場が?同じだそうです。
私から見たら、いや、私じゃなくてもきっと、男の子達があこがれるかっこいい職業。
私は全く他人で、去年たまたま声をかけていただいたというだけの縁なのに、こっそりそこそこお仲間に入れていただきました。
こそこそ こそこそ。
楽しい時間を過ごしてきました。
本当に、声をかけてくださったアールさんには感謝です。

なのに、、私は…

本当に今まで無いくらいにギターを練習して行ったんですよ(TдT)
練習では弾けていたんですよ(TдT)そこそこだけど…止まらず間違えず、もたもたせず、かすれた音も少なく…って意味で。
なのに、本番ではボロボロ…
先日TVで戸田恵子さんがおっしゃっていた「本番でだせるものが実力」の言葉がずどーーーんと頭に重たくそして、ぐっさり突き刺さります(TдT)

歌は緊張もしないし、曲によっては練習の何割か増しで歌えるのに!!(言いすぎです、ごめんなさい…)
でも、それでも、どうにか、なんとか、ライブを終えました。
セットリストは

・アメージンググレース(うちなーぐち)
・じんじん
・ジュゴンの見える丘
・花曇りの日に
・カラメルヶ丘
・涙そうそう
・島人ぬ宝

曲は多いですが、三曲は短い曲なのです(汗)
歌いすぎてごめんなさい…
いちお、時間は何度かはかって練習しているんですけどね。


もし来年も呼んで頂けるなら、ギターがまだまだ上達していなかったら…劇的に上達していなかったら…井上さまに泣きつこう…。

そして、人見知りの私はあんまり喋れず、ニコニコも出来ず、、なんか場違いでごめんなさいでした(汗)

さー、問題は山済み(汗)
頑張れ私。とりあえず、ギター…


でも、スタンダードナンバーを持っていくとかぶる可能性があるからと、わざともっていかなかった、やっぱり、かぶらなくてよかった(笑)


皆さん、お疲れ様でした!!!
画像はお客さんと出演者。
お客さんも出演者もデカンの関係で…遠方から…お客さんも含め東京や名古屋から来ている方もいたので先に帰られたのです。
残っていたメンバーでぱちり。
私…カーテンから顔を出して遊ぶアレみたいになっていてごめんなさい…(汗)

theme : 女性アーティスト
genre : 音楽

Pick upさんのライブ終わりました~♪

ライブでした。
Pick upさんです。

mihhi


今回もセットリスト書いちゃおうかなー。

1 雨上がり(二人バージョン)
2 歩み
3 お伽話と蝙蝠。(タンバリン)
4 アメージンググレース(うちなーぐち) ☆
5 島人ぬ宝 ☆
6 バイバイパンプキンパイ ☆
7 花曇りの日に ★
8 カラメルヶ丘 ★
(☆はカバーです。★は新曲。)

mihhi

リコーダー持っていますが…井上さんとキューちゃんさん(PAさん)の大…もとい、ささやかな反対にあい、自粛しました…
絶対次回があるなら吹いてやる!!!
あと、
mihhi

おもちゃタンバリンも使いました。
いつもの本気タンバリンを使えば良いんだけど、タンバリンの音だけでいっぱいになってしまうかなーと思って、小さいものを選んだんだけど、、たまたまPick upさんにあった本気タンバリンをたたいてみたら、同じくらいの音でした…(汗)
それでも、オモチャ音が良いかも…ということで、こっちを採用。

新曲は井上さんと合わせたのも数回…というか、全部そうなんだけど、完成形が無い状態で作り上げてあわせるのが数回…という状態なので、ドキドキでしたが(汗)それでも、なんとか!!
ピアノなんとかララバイさんからは、「花曇りの日に」は「声にあっているね、」。「カラメルヶ丘」
は「ロックですね~」(どっちもプロデューサーっぽい感じを想像してください・笑)というお言葉をいただきましたが、「いいね~!」とは言っていただけませんでした(笑)

しかも、カラメルヶ丘はライブで録ったものを友達に贈りたかったのだけど、、歌詞を間違えたので無しです…(TдT)
私って…

でも、まぁ…色々と反省点があるライブでしたが、次に活かします!!
次のライブ、お楽しみに~
そのときは遊びに来てね。

(ここに載っている以外の画像は、mixiで公開しています。そっちにも遊びに来てね~)

theme : 女性アーティスト
genre : 音楽

04 | 2018/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
information

歌を歌うmihhiの日記。
コメント大歓迎です!


topからどうぞ。
mihhi+web

マイスペースでここでしか聞けない曲を公開しています♪
http://www.myspace.com/mihhiusako
(2011.5.18 月ぬ美しゃup)

子守唄プロジェクトに参加しています♪
↓↓今すぐクリック!↓↓
http://www.youtube.com/user/projectllullaby?feature=mhum (「おやすみの唄」が聴けるよ☆

LIVE
■7/17(日) 17:00~
心斎橋CLAPPER
http://www.clapper.jp/
※アメリカ村BIGCATの前
mihhiのソロではなく、コピーバンドのライブです。
今回はスペシャルライブなので、ぜひぜひ遊びに来たください♪

■7月29日(金) 6:30頃~
ANSONIA CAFE (ジ・アンソニア・カフェ)
http://www.ansonia-cafe.com/
伏見稲荷の近くです。
2セットする予定です。
ギター:井上 丹さん
ノーチャージなのでお気軽にコーヒーだけでも、ちょっとお酒を飲みにでも遊びに来てくださいね♪

CD

☆CD発売中☆


Strength
2,000円(税込)
mob-m001
レーベル/my orange bird
ディストリビュート/ラッツパック・レコード

1.毛布
2.鎖。
3.サンクチュアリ
4.雨上がり
5.お伽話と蝙蝠
6.春の嘘つき
7.歩み
8.ハウディー

Vo:mihhi
Pf:ピアノララバイ
Gt:井上丹 & 松井玲央
Ba:島秀行
Dr:小林弘幸

http://mihhi.netで試聴が出来ます~。
・タワーレコードさん
・HMVさん
・新星堂さん
・アマゾンさん
などのオンラインショップで購入可能です。
(下の方にあるリンクを見てね。)
また、店頭でもご予約出来ます。
link
このブログから入った方は topからぜひ見てくださいね~。
A new report
Profile

mihhi

Author:mihhi
歌を歌っています。
音楽を上辺だけでなく歌いたい。聞いてくれる人の壁の中に入れたらいいな。
一人でもステージに立てるようにアコースティックギターを練習中。…でも、やっぱりバンドが一番なのは変わらないけどね。

The latest comment
Twitter
 
calendar
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Category
A monthly table of contents
ブログ内検索
QRコード
QRコード
星占い☆
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。